16 6月 2016

基本方針

はじめに、EIMAは生徒数20から25人の小規模校です。すべての学生が積極的に学校生活に参加しています。

 

 

 プロによって行われるプロ育成プログラム

実際にプロとして活躍する漫画家、イラストレーター、2D/3Dアニメーター、シナリオライター、カラーリストを講師陣に迎え、一人一人がプロの世界で通用する力を身につけます。また編集社、印刷会社、現場などでの研修をカリキュラムに組み込む他、編集社と提携することで本が完成するまでのプロセスも学びます。そして、毎年生徒各自の読み切り作品を一つの本として編集・出版し実際に販売します。これによりダイレクトな感想を聞くことができ、人脈を広げる機会にもなり生徒にとって大きな刺激になります。

 

日仏学院としてのEIMA

日本で生まれ発達した漫画文化を学ぶため、マンガ科の講義は日本人の漫画家によって直接指導されます。フランスの学生たちが漫画家としてプロデビューするのは非常に狭き門ですが、最大限の機会を作り最良の環境で彼らを送り出すことが学院の使命です。そのために、フランス語以外の外国語を習得することもフランスで漫画家としてデビューしフランス漫画の第一歩を切り開くためには必要不可欠といえます。EIMAでは英語と日本語の授業をカリキュラムに組み込むことで国際的に活躍できる学生を育てます。

また、EIMAは積極的に異文化交流を応援し、また各国からの留学生を積極的に歓迎します。

 

philosophi eima